建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県佐野市
見出し佐野市、文化会館プロポを公告、劣化・PFI調査、参加表明21日まで  
掲載 2020年5月15日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 佐野市は14日、市文化会館施設劣化調査及びPFI導入可能性調査業務委託の公募型プロポーザルを公告した。参加表明書の受付期間は21日まで、提案書の提出期限は6月15日。6月下旬に特定・非特定を通知し、7月上旬に契約を締結する。提案限度額は1400万円(税込み)。履行期間は契約締結日から2021年3月21日まで。
 主な参加資格は①市入札参加資格のS02コンサルティングの登録者②過去5年間に地方公共団体の同種業務の元請け完了実績。評価基準は企業評価(会社情報、業務実績、業務執行能力)、提案力(業務内容の理解度、提案内容の的確性)。
 業務内容は施設劣化調査、施設整備計画の検討、長期修繕計画の検討、事業手法の基礎調査、官民役割分担の検討、リスク分担の検討、事業スキームの検討、民間事業者参入意向調査、財政縮減効果の検討、事業手法の総合評価。
 市文化会館は築40年が経過し、老朽化が著しい。利用者の安全確保や効果的で効率的な事業運営には早急な改修改善が不可欠。施設劣化度を調査し、施設改修計画の方針やPFI導入可能性の諸条件算定の基礎資料を策定する。
 PFI導入可能性調査では施設の大規模改修事業を実施する際、財政負担の縮減、改修後の施設運営の最適な手法、PFIをはじめとする民間活力の導入可能性を検討。プレゼンテーションは6月25日、市議会運営委員会室を予定。
 市文化会館(浅沼町508-5)は敷地3万2064平方m。SRC造地下1階地上3階建て延べ7540平方m。大ホール棟(2497平方m)、小ホール棟(674平方m)、会議室棟(723平方m)、展示室棟(433平方m)、事務棟(331平方m)で構成。
 担当事務局は〒327-8501佐野市高砂町1市文化立市推進課文化立市推進係(電話0283-20-3044)。配布資料は市ホームページからダウンロードし、持参または郵送(書留郵便)する。

ページトップ