建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者民間工事情報
見出し【さいたま市】ナカギンザセブン解体ついに始まる  
掲載 2020年5月19日埼玉建設新聞  
本文

 ㈱有楽(東京都港区西新橋2-8-6)はさいたま市浦和区高砂2-8-3ほかで、通称・ナカギンザセブンの解体工事を計画している。施工者は㈱豊成東京支店(東京都中央区日本橋2-2-3RISHEビルUCF4F)が受注した。アスベスト検査を終えたため、12日に着工し、2021年6月30日の工期末を予定している。
 解体建築物はS造4階建て、総延べ床面積3166・73㎡、高さ14・8m。1947年に竣工した。アスベスト調査の結果、各階の梁吹き付け材にクロシドライトが見つかっている。
 解体工事・計画に関する問い合わせは豊成(03-6869-9113)まで。なおアスベスト調査も同社が行った。
 解体する建物は通称・ナカギンザセブンと呼ばれ、多くの飲食店が軒を連ね、地元の人に愛された場所だった。しかし建物の老朽化が著しく、取り壊す方針を固めた。現時点で2店舗が営業を続けているが、近く閉店する運びとなる。なお解体跡地の利用については明らかになっていない。

ページトップ