建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者茨城県水戸市
見出し千波湖に導水施設/3・4工区の公告へ/取水口や放流設備整備  
掲載 2020年5月22日日本工業経済新聞(茨城版)  
本文

 水戸市は千波湖の水質浄化を図るため、導水施設整備工事を進めている。本年度は3工区を5月末から6月初めごろに一般競争入札を公告して発注するとともに、4工区を7~9月に発注する計画だ。

 3工区は偕楽園の月池から取水し、千波湖へ放流する取水施設を整備するもの。現場打ちコンクリートの取水口・放出口のほか、ゲートの設置やボックスカルバート(L約15m)の埋設などを想定している。
 4工区では千波大橋側(東側)に千波湖から桜川へ放流する施設(樋管)を整備する。7~9月に一般競争入札で発注。
 これまでに1工区を㈱横田建設・㈱市毛建設JV、2工区を田口建設工業㈱・第一熱学建設㈱JVが担当した。
 4工区の施設整備のための地盤改良工事は田口建設工業㈱・㈱市毛建設JVが施工。
 本施設の整備により、既存施設とあわせて最大で毎秒3tを千波湖に導水し、湖水の滞留時間が短縮されることで水質の改善が期待できる。
 千波湖は面積約33万2000㎡。貯水量は約36万5000立方m。

ページトップ