建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省関東地方整備局(建設)
見出し関東整備局はマッチングの募集を拡大へ  
掲載 2020年5月25日埼玉建設新聞  
本文

 関東地方整備局は2020年度の新技術推進事業として、新技術導入促進調査費を活用し「現場ニーズと技術シーズのマッチング」についてベンチャー企業、大学など研究機関からの応募促進に取り組む。14日に開催した日建連との意見交換会で提示されたもので、マッチングの募集範囲を積極的に拡大していくもの。関東整備局が独自に実施する。 マッチングは企業間連携(クロステクノロジー)を実装するため、主に建設分野以外のIOT、ロボット、AIなどに代表される最新技術を建設現場に取り入れることを目的としている。
 今後の課題として標準化を目指す技術については要素技術を発注者指定とし、2年を目途に基準化・標準化を達成させる。そのために(仮称)標準化推進会議の創設も計画している。

ページトップ