建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県燕市
見出し優良工事表彰に4社、式中止も「感謝伝えたい」  
掲載 2020年6月2日新潟建設新聞  
本文

 燕市は2019年度の優良工事を公表した。19年度に完成した建設工事のうち、施工成績が優良な4件が受賞した。
 新しい生活様式が求められていることから、表彰式は中止した。鈴木力市長は「限られた納期や周辺環境の条件に配慮し、それぞれの課題がある中で品質の高い施工を進めていただいた。何よりも感謝を伝えたい」と述べた。
 表彰は12年度から毎年行っている。
 受賞者と工事件名、選定理由は次のとおり。
【建築一式工事】
◆氏田組
◇B&G海洋センタープール改修工事(建築)=重機の利用が困難な限られたスペースにおいて、ベルトコンベアを駆使して作業の効率化を図るなど適切な工程管理・品質確保・安全管理に努めた
【土木一式工事】
◆青山組
◇笈ヶ島地内雨水貯留池築造工事=近接工事が複数ある中の調整はもとより、現場の地下水位が高く矢板による土留を設置。圧入・引き抜き時にも創意工夫が見られた
◆星野建設
◇西燕町7号線道路改良工事=タイトなスケジュールで工程管理と交通規制の調整が難しい工事であったがトラブルなく施工し、品質管理も良好であった
◆河村組
◇公共下水道汚水管(水道町八王寺⑦-№276他)布設工事=精密機械を使う作業所が周辺に点在し作業車の通行や矢板の打ち込みに特に注意を要したが、超低騒音型作業車を利用し、積極的な調整でトラブルなく施工した

ページトップ