建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者(社)埼玉県測量設計業協会
見出し埼測協が県へフェイスシールド1万個寄贈  
掲載 2020年6月2日埼玉建設新聞  
本文

 埼玉県測量設計業協会(細沼英一会長)は社会貢献活動の一環として、新型コロナウイルス感染予防のフェイスシールド(クリアマスク)1万個を1日、県へ寄付した。
 当日は細沼会長をはじめ、及川修副会長、笠原俊也副会長、遠藤秀徳理事、山口文平事務局長らが来庁。
 細沼会長は「救急隊員など、外で作業する人にも使いやすいように工夫されております。協会の総意として受け取って頂ければ」とフェイスシールドの使用方法を説明しつつ、大野元裕知事に目録を手渡した。
 これに対し大野知事は、昨年の台風被害でドローン調査を行ってくれたことに感謝した後、「実用的な物をありがとうございます。必要な所に配布させて頂き、有効に活用させてもらいます」とお礼の言葉を述べた。
 フェイスシールドは、本庄市に工場を持つ㈱丸善(岡山県)の国内製造品。視野が広く圧迫感の無い軽量タイプのクリアマスク。協会では、コロナの影響で中止となった総会懇親会費を充てるなどして費用を工面。理事会での決定を経て今回の寄贈に至った。

ページトップ