建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県戸田市
見出し戸田市が浸透施設162mを11月にも公告  
掲載 2020年6月11日埼玉建設新聞  
本文

 戸田市は戸田公園駅西口緑地で浸水対策工事を計画している。工事は園路約162mにおいて、開削工法により雨水貯留浸透施設を整備する。施設の種類については設計で固める考えだが、委託時点ではプラスチック製二次製品か、砕石材埋設を候補に挙げている。当初予算で確保した工事費を投じ、11月ごろの着工を想定。2021年3月ごろの完工を目指している。設計業務を5月29日に告示しており、15日に開札する。
 浸水対策は、施工箇所に隣接する県道練馬川口線の南北地域を対象とする。降雨量が増えた際、北側の本町4丁目地内と南側の同5丁目地内で浸水被害が発生する状況が続いている。
 市は市域中央部の浸水被害対策として、北大通りの雨水貯留管設置にも取り組んでいる。20年度から21年度にかけて実施設計をまとめる見通し。早ければ22年度に地下埋設物の切り回しなどを実施し、23~24年度にシールド工法による工事を行う。
 貯留管については、RC製の受注生産品(直径6m程度)を搬入し、現場で組み立てる工程を想定している。

ページトップ