建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し北陽建設が本社周辺の道路や河川清掃  
掲載 2020年6月12日長野建設新聞  
本文

北陽建設(大町市)の社員有志で構成する北陽ボランティアクラブ(鮎貝悟代表)は10日、本社近くを流れる農具川と県道51号大町明科線で、ゴミ拾いをなどの環境美化活動を行った。
例年は5月の連休明けに第1回目の活動を行っていたが、新型コロナウイルスの感染拡大と、それに伴う緊急事態宣言を受け、約1カ月遅れでの活動開始となった。
就業後の午後5時過ぎに会員や本社社員ら約40人が参加し、大町市社の北陽建設本社を中心に農具川の館の内・昭和橋から山下・丹生子橋間約1.5㎞の河川内と両脇管理道および県道51号大町明科線のゴミ拾いなどを1時間余り実施した。鮎貝代表は「新型コロナウイルスの影響で活動を控えてきたが、一時終息が見えてきたので今年度も活動していきたい」と語った。今回のボランティア活動では6月に入り気温も上がっていることから、塩分補給のタブレットや飲み物を配り、熱中症対策にも気を配っていた。
同ボランティアクラブは、2006年に発足して以来活動を続けており、今年で15年目を迎える。

ページトップ