建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省北陸地方整備局(港湾空港)
見出し北陸港湾の方向性を検討  
掲載 2020年6月30日新潟建設新聞  
本文

 北陸地域の港湾施策の方向性を示す北陸港湾ビジョンの策定へ検討委員会の初会合が25日に開かれた。全国的な港湾政策の中長期施策である「PORT2030」が策定されたことを受けて、本年度内に北陸版の新たなビジョンを策定する。
 PORT2030では、▽海上輸送網の構築▽国内物流体系の構築▽クルーズアイランド化▽ブランド価値を生む空間形成▽新たな資源エネルギーの受入・供給等の拠点形成▽港湾・物流活動のグリーン化▽情報通信技術を活用したスマート化、強靱化▽港湾建設・維持管理技術の変革と海外展開―の8本柱で方向性を示しており、同計画を踏まえて北陸港湾ビジョンでは、社会情勢の変化や未来像を検討し、北陸における中長期的な港湾の在り方を検討。今後、4回程度の会議を予定しており、秋にも素案を策定、本年度内にビジョン案をまとめる。
 北陸地方整備局の伊藤博信次長は「今後の北陸の港湾の進め方、ビジョンの論点は多数ある。経済社会情勢の変化の中で、未来像を検討いただきたい」とした。

【写真=有識者会が初会合】

ページトップ