建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県さいたま市
見出しさいたま市が宮町一丁目中地区まちづくり協議会を支援  
掲載 2020年7月2日埼玉建設新聞  
本文

 大宮駅グランドセントラルステーション(GCS)化構想を進めるさいたま市は宮町一丁目中地区まちづくり協議会の支援に乗り出す。勉強会開催やニュース発行などを通じて、地域全体のまちづくりの機運を高める方針だ。支援業務となる「2020年度大宮駅周辺地域戦略ビジョン/おもてなしまち再生推進検討業務」は指名済みで、7月8日に開札する。21年3月26日納期となっている。
 第11回大宮GCS推進会議まちづくり推進部会で、GCSプランのガイドライン作成に当たり、「ガイドライン対象範囲に宮町一丁目中地区まちづくり協議会を含めて検討すべき」という意見が委員から挙がった。事務局は「協議会から、体制が整ってから参加したいとの意向であった。今後、対象範囲に含める方向で働きかけを行って
いく」と回答している。
 市ではGCSプラン案をこのほど策定。年度内にGCSプランの完成を目指す。完成後には都市計画変更に向けた手続きを開始する。

ページトップ