建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県新潟市
見出し新潟駅2番線のエレベーターと階段の供用開始  
掲載 2020年7月17日新潟建設新聞  
本文

 新潟駅の高架化工事で整備が進められていた2番線ホームのエレベーターと階段が15日から供用を開始した。新潟駅では現在、1番線の高架化整備を進めており2番ホームへの移動は仮設階段のみとなっていた。当初はエレベーターと階段も全線の高架化に合わせ供用開始を予定していたが、駅利用者の利便性向上やバリアフリー化を図るため前倒しで整備を進めた。また2mほどの幅だった2番線ホームの一部も拡幅している。
 供用開始前日の14日には中原八一新潟市長が視察に訪れ「いよいよ全線高架化を感じられるようになった。市としても整備を確実に進めたい」とした。
 新潟駅の全面高架化は2021年度ごろの完了を目指しているほか、万代広場の整備に向けて来春にも駅ビルの解体工事が本格化する。

【写真=中原市長が視察】

ページトップ