建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者山梨県山梨市
見出し来月最後の工事発注へ 山梨市の新重川橋耐震  
掲載 2020年7月21日山梨建設新聞  
本文

 かねてから山梨市が進めてきた新重川橋(下石森・下栗原地内)の耐震補強が、本年度で完了する見通しになった。最後の工事となる「その6工事」を来月入札に掛け着工、渇水期を中心に工事を進め、来年5月ごろまでに完了させる予定だ。全国各地で災害が増え、その対策を求める声が高まる中、地域の軸となる橋梁の安全性が確保される。
 建設課によると、同橋はポステンPC単純T桁4連の橋で、車道橋と歩道橋の2橋が並行して走る。橋長は96m、幅員は車道部が5・5m、歩道部が2・5m。市内などを東西に流れる重川に架かる。近くには飲料水メーカーのサーフビバレッジをはじめとする企業も立地。「交通量が多い上、大型車も頻繁に通ることから、優先的に耐震化することにした」(市担当者)という。
 来月発注する、その6工事では、A2橋台の車道部に水平力分担構造4カ所、落橋防止装置3カ所。歩道部に水平力分担構造1カ所、落橋防止装置2カ所。P2橋脚の車道部に水平分担構造8カ所、落橋防止装置4カ所を設置する。
 工事は来年度に掛けて実施する。市が公表した工事の発注予定では、工期は10カ月としているが、「もう少し早く終わる予定」(同担当)で、来年5月ごろには完了する見通しだ。
 同事業は2014年度に長大が設計を作成し、16年度にその1工事に着手。広瀬土木や藤プラント建設、岡本興業が施工に携わった。

【写真=本年度で耐震化が完了する】

ページトップ