建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出しコロナ感染予防で蛇口をレバー式に 中央市建設協力会  
掲載 2020年7月29日山梨建設新聞  
本文

 新型コロナウイルス感染防止に役立ててもらおうと、中央市建設協力会(深沢靖幸会長)は18日、市内小中学校・児童館の水飲み場の蛇口をレバーハンドルに交換するボランティア活動を行った。早朝から同市役所に会員ら約60人が集まり、開会式を行った後、各施設で作業に汗を流した。田中久雄・中央市長は「今は(新型コロナ)第2波のピークだと思う。そんな中、接触感染を防ぐ蛇口の交換は、子どもたちや保護者に安心してもらえる。大変ありがたい」と、感謝した。
 レバー式の蛇口は手の甲や肘などで操作できるため、接触感染を防ぐ効果が期待できる。同会によると、コロナ拡大後は、全国各地でレバー式への交換が行われ、部材が品薄になっている。同会ではこの日までに、各会員企業が方々にあたり、今回必要な約800個の部材を用意したという。
 田富中学校で交換作業を見学した田中市長は、作業の手際の良さに「さすがプロ。我々がやったのでは、こうはいかない」と感心していた。深沢会長は「当会も新型コロナ対策に何か協力できないかと思い、市に話したところオファーをいただいた。先月には水害に備え会員みんなで土のうをつくり、市役所に納めた」と話し、今後もこうした活動を通して地元に恩返ししていきたい考えだ。

【写真1=手際よく蛇口を交換】
【写真2=レバー式蛇口に田中市長も満足】
【写真3=会員約60人が参加】

ページトップ