建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省関東地方整備局(建設),埼玉県,埼玉県さいたま市
見出し関東地整、県、さいたま市が事業連絡協議会を開催  
掲載 2020年7月30日埼玉建設新聞  
本文

 関東地方整備局、県、さいたま市などは28日、事業連絡協議会を開催した。関東地方整備局からは18人、県は26人、市が8人の出席。そのほか東日本高速道路、首都高速道路、水資源機構も出席した。協議会では、それぞれのが2020年度の事業概要を説明、意見交換を行った。
 21日付けで就任した関東地方整備局の土井弘次局長は冒頭のあいさつで「昨年の台風など、豪雨が頻発しており、防災・減災・国土強靭化は継続的に進めるべき課題だ」と認識。続けて県内状況を見渡した「東埼玉道路が事業化した。完成までには時間がかかるとは思うが、着実に予算を確保しながら進めることが大事」と述べ「21年度に向けて県と市の協力を受けたい」と語った。
 橋本雅道県副知事は「昨年の台風では八ッ場ダムなどのインフラのお陰で持ちこたえることができた。今後もインフラ整備を進めていきたい」と話した。また河川や道路の主要事業を挙げ「効果を発現できるよう、国、市などと一緒になって取り組んでいきたい」と思いを述べた。

ページトップ