建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県
見出し県土整備部が土木工事設計単価を改定  
掲載 2020年8月4日埼玉建設新聞  
本文

 県土整備部は1日に土木工事設計単価を改定、建設発生土処分費に当たるUCR処分単価を廃止した。廃止する処分場所は3地区で、行田富士見地区、羽生上岩瀬地区、寄居桜沢地区が対象となる。また、鋼道路橋のスクラッブ5項目の金額を変更した。金額自体は公表していない。単価変更したスクラップはヘビーH1~4、ステンレス新切18crが対象となっている。
 そのほか土木工事標準積算基準書と土木工事設計単価表の一部を、例年より1カ月延びた11月1日に改定する見通し。担当課は「新型コロナウイルスの影響で、改定に必要なデータ入手が遅れたため」と説明した。

ページトップ