建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し建設防水協会が県施設でボランティア  
掲載 2020年8月20日山梨建設新聞  
本文

 県建設防水協会(土屋仁会長)は7日、甲府市大津町の県立中小企業人材開発センターで、雨漏りの補修工事を行うボランティア活動を実施した。防水関連の技能試験の会場になっている同センターに、感謝の気持ちを示そうと企画。同センターでのボランティアは昨年度に続き2回目となる。厳しい暑さの中、会員企業が参加し、作業に汗を流した。
 事前にセンターにボランティアを打診したところ、入口ロビーにある天窓から雨漏りがあることが分かった。協会活動の調整役を担う山根委員長は「ロビーに水たまりができるほど雨漏りがあると聞いた。2階より上にある窓は漏水に気付きにくい。建物や電子機器に悪影響もあるため、早急に対応することにした」と経緯を話した。
 作業員は猛暑の中、ガラス8枚で構成された天窓を取り囲み、一斉に作業を開始。途中休憩を取りつつも、シーリング材の固まる時間を計算しながら手早く作業を進めた。
 土屋会長は「コロナ感染症に配慮し、密にならないよう交代しながら作業を進めた。今後もこうした活動を行い、地域に貢献していきたい」と話している。

【写真1=猛暑の中、集中して作業】
【写真2=地元への感謝の気持ちで】

ページトップ