建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者長野県東御市,長野県G空間情報技術協会
見出し災害時のドローン活用で協定  
掲載 2020年9月2日長野建設新聞  
本文

 NPO法人長野県G空間情報技術協会(増澤延男会長)と東御市は8月27日、無人航空機(ドローン)を活用した災害復旧・復興への協力に関する協定を締結した。
 市内で地震、風水害、大火災等の災害が発生した場合、市の要請を受け被災現場を無人航空機を使って撮影し画像を提供。状況を解析するなどして捜索活動の初動に役立てる。
 県G空間情報技術協会は、産学官の連携により、地理空間情報(GIS)を災害対策や防災・減災、復興など、より幅広い分野で利活用していくため最新技術の研究や普及活動を行っている。
 調印式には協会から増澤会長(みすず綜合コンサルタント)のほか、坪井利幸理事(アンドー)、中嶋孝満理事(長野技研)、村田昌隆理事(新日本設計)、吉原功監事(昭和設計事務所)、佐藤芳明監事(タイヨーエンジニヤ)が同席。東御市は花岡利夫市長と山田正仁総務部長が出席した。
 花岡市長は「昨年の台風19号で、市内では7橋が被害受けた。当日は職員の制限もあり情報収集に大変苦労した。プロの方が撮影した映像をご提供いただけることは、2次災害を防ぐためにも極めて重要」と期待。増澤会長は「国もデジタル化が進んでいる。われわれは有事の際、いち早く復旧に向けた作業に取り掛かる。ドローンで撮影しながら、被災状況をリアルタイムで市役所、公民館、消防署など必要な場所に提供できる」と説明した。

ページトップ