建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県土木部
見出し次期建設業活性化プランは経営、人材、生産性の強化が柱  
掲載 2020年9月9日新潟建設新聞  
本文

 第三次・新潟県建設産業活性化プラン評価会議(座長=丸山久一長岡技術科学大学教授)が8日に開かれ、来年度からの次期建設産業活性化プランの方向性として▽経営基盤の強化▽人材の確保育成▽生産性の向上―の3本柱で施策を展開する方針を確認した。具体的な施策については次回以降さらに検討を進める。
 同日の会合では、本年度末までとなる現行の第三次活性化プラン施策の評価と、来年度からの次期プランの方向性を協議。現行プランについては、低入札や県内発注などの収益性の確保に向けた施策を「順調」、そのほか生産性の向上や人材の確保育成、技術力の向上などの取り組みを「おおむね順調」とした。
 最終報告を踏まえて策定される次期プランでは「地域をしっかり支え、魅力あふれる建設産業」を目標とし、さらなる建設産業の活性化を目指した施策に取り組む。
 次期プランに対して委員からは「若年者や女性だけでなく、定年を超えてからも働いてもらうための施策が必要」「1社や建設産業だけの施策では人材の流動性は低い」などの意見が出された。
 現行のプランでは「地域の守り手として輝き続ける建設産業」を目標に、収益力に優れた企業、継続的経営の体制づくり、建設産業の理解向上―の3つの方向性に沿って▽収益性の確保▽生産性の向上▽戦略的経営の実現▽受注環境の向上▽人材の確保・育成▽技術力の向上▽取引・施工体制の適正化▽積極的な情報発信▽関係機関との連携強化―の9施策を展開している。

【写真=現行と次期プランを協議】

ページトップ