建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者茨城県城里町
見出し9月補正案/1013号拡幅に着工/7路線改良へ委託料/河川維持補修工は4952万  
掲載 2020年9月15日日本工業経済新聞(茨城版)  
本文

 城里町は開会した定例町議会に9月補正予算案を上程した。主なものでは町道1013号の改良工事費に2000万円を盛り込んだほか、昨年の台風19号による被害を受けた道路や河川を補修するための工事費や測量設計委託料を計上している。
 (2面に補正予算案の主な内容を掲載)

 町道1013号線(石塚)は、用地取得が完了したため拡幅改良(L157m)に着手するとして工事費を予算化。設計は㈲ツカサ測計(城里町)がまとめた。
 また町道8―0184号線(上圷)など7路線の改良に向けた調査測量設計委託料には3782万1000円を付けた。
 台風19号により損壊した道路の法面復旧などの維持補修工事に2040万5000円、調査測量設計委託料に1233万1000円を充てた。
 同様に被害を受けた小河川改修として、相川(塩子)の護岸維持修繕など8件の維持補修工事に4952万2000円、測量設計委託料に1156万1000円。
 町営住宅の修繕工事には1015万5000円を措置した。内容は南団地の受水槽交換と那珂西団地の駐車場整備を予定。
 学校施設関連では、GIGAスクール構想の実現に向けた校内ネットワーク環境構築委託料を小学校に3974万9000円、中学校に1806万6000円を増額。
 七会小の外壁工事の設計に49万5000円を付けたほか、代表電話の増設を常北、桂、沢山、七会の4小学校(17万6000円)と桂中(4万4000円)で実施するとして工事費を計上している。
 このほか消防施設解体工事に253万円を計上。国道123号付近と下圷地内の2カ所で防火水槽を撤去する。
 今補正により一般会計に4億1681万円を追加し、総額を151億7283万8000円とする。
 公共下水道事業会計では、公共下水道に接続するための公共桝新設工事を12件ほど見込み、600万円を追加した。
 また、石塚地内で延長40m程度の管渠埋設を計画しており、工事費400万円と実施設計委託料100万円を計上している。
 予算案以外では、町道19号線改良工事の請負契約締結の承認を求める。契約金額は6259万円で、相手方は㈱三陽造園土木(城里町)。
 工事概要は掘削工1190立方m、法面吹付工429㎡、コンクリートブロック積工466㎡、排水構造物工80m、アスファルト舗装工394㎡。

ページトップ