建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者群馬県建築課
見出し県建築課が9月以降に19件を発注  
掲載 2020年9月15日群馬建設新聞  
本文

県建築課は、年内に広瀬第二県営住宅や中居県営住宅など19カ所の工事発注を計画している。広瀬第二および中居は、いずれも大規模な住戸改善工事となり、建築・電気・機械の3分離を予定。建築は一般競争、電気・機械は指名競争が見込まれる。2住宅の工事を含め10月までに障害者リハビリテーションセンター外構など9カ所の工事を予定。残る10カ所は最短年内に発注する。
広瀬第二県営住宅は前橋市広瀬町3丁目にあるI棟が対象。規模はRC造5階建て、延べ床面積1474㎡。エレベーター棟を増築し、階段室式から片廊下式へ転換、住戸部分で現況の30戸から24戸に減らす改修を予定している。増築する片廊下部分とエレベーター棟を合わせてS造、延べ床面積147㎡規模となる。亦野建築設計事務所(前橋市)が担当した。
高崎市中居町2丁目にある中居県営住宅はB棟を対象に工事を計画。規模はRC造4階建て、延べ床面積1891㎡。広瀬第二と同様の内外装工事を行い、エレベーターの新設と階段室式から片廊下式への転換も実施する。エレベーターおよび廊下の増築部分は105㎡で整備を予定。内部は32戸全てを2LDKに転換する。設計は福島建築設計事務所(前橋市)がまとめた。
このほか、分離発注が見込まれるのは前橋市内にある畜産試験場の育成牛舎新築工事。規模はW造もしくはS造平屋、床面積約200㎡を想定している。最新技術を導入した乳牛用育成牛舎とする。設計は仲設計(前橋市)が作成を進めている。設計完了後、年内の発注を予定している。分離発注とするかは、設計の中で検討する。
10月までの発注を予定しているのは◇障害者リハビリテーションセンター(伊勢崎市)=外構◇群馬産業技術センター(前橋市)=第2研究棟屋上防水改修◇同センター=機能材料開発室整備◇しろがね学園(前橋市)=改修◇富岡・吾妻・太田保健福祉事務所=非常用発電装置整備◇向町県営住宅(前橋市)=D棟解体◇萩町県営住宅(前橋市)=A・C棟解体――。いずれも指名競争入札を予定している。
10月以降、年末までに発注を計画しているのは◇城山県営住宅(高崎市)=U・V棟外壁・屋上防水◇大沢県営住宅(高崎市)=B棟外壁・屋上防水◇群馬産業技術センター(前橋市)=第2研究棟クリーンルーム空調◇金山総合公園(太田市)=ふれあい工房補修◇中之条合同庁舎(中之条町)=キュービクル更新◇畜産試験場=第2キュービクル更新◇江木県営住宅(桐生市)=A・B・C棟解体◇浜尻第一県営住宅(桐生市)=D棟解体◇宗高県営住宅(桐生市)=B棟解体――。指名競争入札での工事発注を予定している。

ページトップ