建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し【新製品】エクセルシステムが検温機能付きの消毒機を開発  
掲載 2020年9月16日新潟建設新聞  
本文

 検温ができる消毒機が10日、発売開始となった。手をかざすとセンサーが自動で検温し消毒液が噴き出す。完全非接触で、1秒ほどで消毒・検温が完了する。37・3℃以上の場合はアラームが鳴り、赤いランプが点灯する。
 消毒液は市販のものを使用でき、電源はUSB(typeC)でバッテリーに接続可能となっている。三脚による自立型のため、工事現場などに手軽に設置できる。
 開発したのはエクセルシステム(渡辺和市社長、新潟市)。渡辺社長は「非接触型の消毒はペダルを足で踏むタイプなどがあるが、検温も同時に行える点が強みだ。建設現場や公共施設など往来が多いところで活用してほしい」と話す。
 通常価格は2万5000円のところ、冬に向けた特別価格として12月末まで1万8000円(いずれも税別)に設定。代理店も募集している。問い合わせ先は同社(℡025-245-8460)。

【写真=消毒と検温を瞬時に】

ページトップ