建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者(財)建設業振興基金
見出し【CCUS】10月から問い合わせは専用フォームで  
掲載 2020年9月25日本社配信  
本文

 建設キャリアアップシステム(CCUS)の運営主体である建設業振興基金は、10月からの制度改正について周知を図っている。料金改定に加えて、電話での問い合わせや郵送申請・受付窓口申請は今月30日で受け付け終了となるため、特に注意を呼び掛けている。
 10月以降は、現在の「お問い合わせセンター」における電話受け付けに代わって、問い合わせをメールでの受け付けに一元化する方針で、CCUSホームページの「お問い合わせフォーム」を利用してもらう。
 また郵送申請・受付窓口申請の受け付けに関しても、10月からはインターネット申請を求める。書面での申請を希望する場合は、近くにある認定登録機関で相談することで対応する。認定登録機関は対面式で申請内容の審査および登録までを行い、具体的な記入方法や不備の是正方法を相談しながら申請することができる。ただし機関によって事前予約が必要な場合があるので注意が必要だ。
 料金改定は事業者の料金のみ変更となり、技能者登録料は変更しない。事業者登録料(5年ごと)は現行料金の2倍とし、新料金は資本金によって異なる。管理者ID利用料(1年ごと)は1つのID当たり1万1400円となるが、一人親方は現行の2400円に据え置く。現場利用料(カードタッチ)は1人日・現場当たり10円(現行3円)に変更し、10月1日以降にデータが登録された就業履歴に適用する。

ページトップ