建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省長岡国道事務所
見出し補修の重要性学ぶ/学生が橋梁補修工事現場見学  
掲載 2020年9月30日新潟建設新聞  
本文

 長岡市の国道17号長倉高架橋でこのほど、橋梁補修工事の現場見学会が開催された。建設業界の担い手確保を目的に産・学・官の連携による企画として実施したもの。長岡工業高等専門学校で環境都市工学を学ぶ学生11人が参加した。
 現場の長倉高架橋は、12月28日の工期を前に断面修復、剥落防止シートの施工による補修工事が進捗中。
 最初に長岡国道事務所が、老朽化対策としての点検作業、診断後の措置の種類等を説明。木村一幸副所長が「劣化等、事後対応だったものを早期に修繕する方向性になってきている」と国の考えを語った。
 その後学生らは3班に分かれ、施工を担当している植木組の案内で橋脚の打音検査等を体験。「この橋は1977年に出来た。耐震基準が変わってきているので、それに対応した耐震補強をしている」と現況の説明を受け、2種類のハンマーを使い分ける打音の点検作業を試みた。
 学生は「どうやったら音の違いがはっきり分かるのか」「コンクリートの浮きはどの程度まで音でわかるのか」等、熱心に担当者に質問していた。

【写真=打音検査を体験】

ページトップ