建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者政府,中小企業庁
見出し【官公需法】中小企業・小規模事業者向け契約は60%が目標  
掲載 2020年10月8日本社配信  
本文

 政府は、官公需法に基づく2020年度の中小企業者に関する国等の契約の基本方針を閣議決定した。本年度は官公需総額7兆9082億円に対して、中小企業・小規模事業者向け契約金額は4兆7449億円、60・0%を目標に据える。19年度実績比で契約金額は2699億円増、契約比率は5・9ポイント増加となる。また官公需総額に占める創業10年未満の新規中小企業者向け契約目標は、契約比率が前年度までの実績を上回るように努め、国等全体として3%を目指す。19年度の契約実績額は880億円、比率は1・06%で、15年度から19年度までの契約比率は平均1・27%となっている。
 新たな措置としては、新型コロナウイルス感染拡大に対応するため、相談対応、実勢価格を踏まえた適正な予定価格の作成・変更、納期・工期の柔軟な対応、代金の迅速な支払いを徹底する。さらに、民法改正を踏まえ、国等に対する官公需契約に係る債権譲渡の積極的な活用を促進する。

ページトップ