建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県
見出し川越線橋梁架け替え協議会でJRがオブザーバーで参加  
掲載 2020年10月8日埼玉建設新聞  
本文

 県議会9月定例会は6日、一般質問最終日を迎え、神尾髙善議員(自民党)が登壇した。神尾議員は未来を見据えた積極財政と銘打ち、埼玉版時局匡救事業(仮称)や東西交通網の確立、地下鉄7号線の延伸など取り上げた。神尾議員は「新たな県民生活・県民経済を構築するためのビジョンを県民に示し、大胆な財政出動を実施することが強く求められるのでは」と訴えた。
 県執行部は埼玉版時局匡救について「財政状況が厳しい中、県単独で実施することは困難。国と一体となった未来を見据えた積極的投資に取り組む」と答弁。
 東西交通ではJR川越線橋梁架け替えに伴う複線化を議論。関根信明議員が同様の一般質問(1日)を行った翌日に、JR東日本から県に対して正式な協議会にオブザーバーとして参加する回答を得たことを明らかにした。
 県庁建て替えに伴う機能分散については「地域の活性化、まちづくりの視点などを踏まえつつ、本庁機能の分散化も含めて幅広に検討していく」と答弁した。

ページトップ