建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省関東地方整備局(建設)
見出し関東整備局などが建コン協と意見交換会を開催  
掲載 2020年10月9日埼玉建設新聞  
本文

 関東地方整備局と1都8県5政令指定都市は8日、さいたま新都心合同庁舎2号館14階災害対策室で建設コンサルタンツ協会(高野登会長)との意見交換会をWEB開催した。整備局は生産性向上と品質向上に資する新たな事業推進形態として、2020年度から事業促進PPP(パブリックプライベートパートナーシップ)における条件緩和を開始し、受注者の負担軽減や参加しやすい環境づくりへの取り組みを回答した。
 事業促進PPPは8日現在、18件が履行中。条件緩和されたのは▽常駐・専任▽受注制限--の2項目。
 また建コン協が課題として提示した受発注者協議による災害対応に向けた環境整備では、地方自治体における災害申請作業の合理化・適正化に関する改善と適切な費用計上。さらに実際の作業に見合った積算歩掛の適用などを要望した。
 会場には土井弘次局長のほか滝澤秀樹副局長、後藤慎一総務部長、岩﨑福久企画部長、大井裕子建政部長、衛藤謙介港湾空港部長など8人が出席した。
【関東整備局からは8人が出席した】

ページトップ