建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省
見出し【建設投資見通し】20年度は政府投資が近年最高に  
掲載 2020年10月13日本社配信  
本文

 国土交通省は、2020年度における出来高ベースの投資額を推計した建設投資が前年度比3・4%減の63兆1600億円となる見通しを明らかにした。6年ぶりの減少となったものの、建築補修投資額の計上が始まった15年度以降の6年間では3番目の水準。特に政府投資が前年度比3・1%増の25兆6200億円と引き続き好調で、15年度以降では最も多くなっている。
 民間投資は37兆5400億円で同比7・3%減となる見通し。民間投資のうち、住宅建築投資は15兆200億円で同比8・1%減、非住宅建設投資は16兆2500億円で同比7・2%減、建築補修(改装・改修)投資は6兆2700億円で同比5・9%減となり、前年度が高水準だったこともあって、いずれも前年を下回る見込み。特に住宅建築投資は、過去6年間では最も低い水準となっている。本年度は新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言などの影響から、全体的な工事発注の遅れが見られる。
 なお、本年度の見通しは算出に必要な各種データの公表時期が遅れたことにより、10月の公表となった。

ページトップ