建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省関東地方整備局(建設)
見出し関東整備局は監督業務などの遠隔臨場を試行し  
掲載 2020年10月16日埼玉建設新聞  
本文

 関東地方整備局は受発注者の監督・検査業務効率化のため、4月から段階確認、材料確認、立会における遠隔臨場を積極的に試行している。対象工事は管内の23事務所で125件程度を施工中または予定。
 遠隔臨場での状況確認は受注者が固定カメラまたはウェラブルカメラで映像データをリアルタイムに配信・記録して、監督職員は発注事務所の机上にて承認・確認する。その際、必要に応じて音声通話による指示などを行う。
 発注者側の成果は移動時間の削減などで、受注者においては立会などの待ち時間が無くなるほか、現場状況の説明などもリモート実施が可能となった。
 この取り組みは、12日に開催された日本道路建設業協会関東支部の勉強会で紹介された。

ページトップ