建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者山梨県中央市
見出し中央市がリバーサイド地区で敷設替え 水道管の耐震化推進  
掲載 2020年11月7日山梨建設新聞  
本文

 中央市は上水道管の耐震化を進める。来年度もリバーサイド地区など数カ所を予定する。近年は毎年1300m程度の敷設替えを計画。塩ビ管から耐震性の高いGX形のダクタイル管に取り換える。本年度はリバーサイド・花輪両地区のほか簡易水道を使用している豊富地区の敷設替えを実施。山之神流通団地内の管路については、近隣住民らの負担軽減や事業効率を考え、下水道の工事と併せて敷設替えを行っている。
 上水道課によると、リバーサイド地区については、分譲地「甲府リバーサイドタウン」内の敷設替えを実施中。新山梨環状道路の南側、臼井阿原地内から順次着工しており、本年度までに同地内西側の工事が完了した。施工には丸松やカワスミ、藤正土建らが携わった。来年度は引き続き東側の工事に入りたい考えで、エスティ設計に業務委託し設計を作成している。委託段階での施工延長は1150mを想定。水道課では今後、来年度予算を見ながら詳細な施工計画を立てる。
 花輪地区については桜団地付近の敷設替えを実施。本年度、関総により約327mを施工したことで、「この箇所については一定のめどが付いた」(同課担当者)。豊富地区については木原地内の石綿管を順次敷設替え。本年度は約185mを施工しており、来年度以降も工事は続くという。

ページトップ