建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省羽越河川国道事務所
見出し誠心誠意施工にまい進 大成・岩崎地崎JV 朝日温海道路11号トンネル安全祈願祭  
掲載 2020年12月3日新潟建設新聞  
本文

 11月30日、村上市山北地区(旧山北町)で初めてトンネル本体工事に着手する「朝日温海道路11号トンネル工事」の安全祈願祭が現地で執り行われた。当日は、国の関係者や村上市長、施工を担当する大成建設・岩崎地崎建設特定共同企業体の関係者らが出席し、工事の安全を祈願した。
一連の神事を行った後、羽越河川国道事務所の長田英和所長が「村上山北地区では初めてトンネル工事に着手する。地域の皆さまのご期待に応えられるよう安全かつ円滑に工事を進めてまいりたい」とあいさつ。
 続いて村上市の高橋邦芳市長が「道路ネットワークがぜい弱な地域。いち早く、そして安全に工事を進めていただき、悲願である高速道路の全線開通を切に願う」と期待を寄せた。
 謝辞では、大成建設常務執行役員北信越支店の岡田正彦支店長が「私どもの持てる技術の英知を結集し、誠心誠意施工にまい進し、必ずや工期内に完成させ、ご満足のいただけるトンネルを無災害で完成させる決意」と意気込みを語った。
 同現場作業所の市橋勝行所長(大成建設)は「軟弱な地盤であることから、われわれの持っている技術力を全て出し、安全最優先で工事を進めていきたい」と話した。
 同11号トンネルは村上市堀之内地先~中浜地区間のトンネル全体延長2201mのうち、1015m区間のトンネル掘削他を施工する。トンネル掘削は機械延長895m、発破延長120m。
 工期は2020年2月5日~23年3月4日までの37カ月間。
 設計はパシフィックコンサルタンツが担当した。
【写真=関係者全員で記念撮影、市橋所長】

ページトップ