建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者千葉県東金市外三市町清掃組合
見出しパシコンに業務委託/東金市外三市町清掃組合の新ごみ処理施設/基本設計、環境アセスなど  
掲載 2020年12月24日日刊建設タイムズ  
本文

 東金市外三市町清掃組合(東金市三ヶ尻340、管理者・鹿間陸郎東金市長)は23日、「新ごみ処理施設建設に係る環境影響評価及び都市計画決定支援業務委託」と「新ごみ処理施設における基本設計策定業務及び事業方式検討(PFI等導入可能性調査)業務委託」に係る公募型プロポーザルの審査結果を公表した。いずれも受託候補者にパシフィックコンサルタンツ(千葉事務所・千葉市中央区新町1―7)を選定。22日付で契約を締結した。
 契約金額は、環境影響評価・都市計画決定支援業務が委託費上限額2億6101万9000円に対し1億8494万3000円、基本設計・事業方式検討業務が委託費上限額3169万1000円に対し2183万5000円(いずれも消費税込み)。
 業務期間は、環境影響評価・都市計画決定支援業務が2024年3月29日まで、基本設計・事業方式検討業務が22年3月25日まで。
 基本設計・事業方式検討業務は、施設建設に係る土木基本設計・建築基本設計等の基本設計策定業務と、最適な事業方式の選定に係るPFI等導入可能性調査を実施。基本設計の主な業務内容は▽土木基本設計▽建築基本設計▽機械設備基本設計▽基本処理フローの作成▽施設配置・動線計画▽工事提案条件書の作成▽工事提案図書の審査▽事業スケジュールの検討――など。
 事業方式検討(PFI等導入可能性調査)業務は▽前提条件の整理▽事業スキームの検討▽市場調査の実施▽VFMの検討▽PFI方式導入の適正評価――などを実施する。
 環境影響評価・都市計画決定支援業務は、既存計画等を踏まえ、環境影響評価および都市計画決定支援を行う。主な業務内容は、環境影響評価が▽事業計画概要書の作成▽環境影響評価方法書の作成▽方法書に係る手続き▽現況調査▽予測および評価、環境影響評価準備書の作成▽準備書に係る手続き▽評価書に係る手続き――など。都市計画決定支援業務は、申請図書作成支援と住民説明会等の開催支援。
 同事業は、老朽化した環境クリーンセンターを移転改築し、新ごみ処理施設を整備するもの。建設予定地は東金市上武射田地先。敷地面積は約3万2000㎡。用途地域は白地地域(非線引き都市計画区域)。土地利用状況は農地・山林。
 同事業では14年度に基本構想、昨年度に基本計画を策定。基本計画では、日量125tのエネルギー回収型廃棄物処理施設と同18tのマテリアルリサイクル推進施設を整備することとし、概算事業費を設計・建設費154億4000万円、20年間の運営費105億8000万円の総額260億2000万円と試算した。廃棄物処理施設の処理方式はストーカ方式を予定している。
 23年度までに事業者を選定し、24年度に設計・建設工事に着手。28年度の稼働開始を目指す。
 なお、技術提案書は環境影響評価・都市計画決定支援業務に4社、基本設計・事業方式検討業務に3社がそれぞれ提出し、2次審査を経て決定した。

ページトップ