建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県上三川町
見出し上三川町 21・22年度実施計画、普通建設費30.1億、上下水道整備に15億  
掲載 2020年12月26日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 上三川町は、総合計画2021~22年度実施計画をまとめた。普通建設事業費は21年度14億3779万7000円、22年度15億7456万9000円で、合計額は30億1236万6000円。重点事業の合計額は上下水道整備事業15億7767万1000円、農業振興事業2億2251万円、消防・防災体制の充実1億347万6000円を配分した。また、中心市街地の都市再生整備計画の策定に取り組む。(2面に実施計画)
 年度別では21年度が上下水道整備7億2739万4000円、農業振興1億1321万8000円、消防・防災体制の充実4018万9000円を計上。22年度に上下水道整備8億5027万7000円、農業振興1億929万2000円、消防・防災体制の充実6328万7000円を措置した。
 上下水道整備の2カ年の主な計上額は配水管の整備や老朽化等に伴う配水管の布設替え工事が3億5427万円、農業集落排水処理施設の保守点検や維持管理が1億5030万円、石田地区の汚水整備が3億1979万円。浄化センター等建設負担金や維持管理負担金が3億5337万円、下水道施設維持管理や水質・水量調査業務等が1億136万円、汚水や管渠、雨水の整備が2億3536万円。
 農業振興は農業用用排水路など農業用施設の改修等支援(県単)に4200万円を計上。消防・防災体制の充実は普通河川の調査・改修及び維持管理に6500万円を配分した。
 上下水道整備の21年度事業費は、配水管の整備や老朽化等に伴う配水管の布設替工事1億6167万円、農業集落排水処理施設の保守点検や維持管理7515万円、石田地区の汚水整備が1億3104万円、浄化センター等建設負担金や維持管理負担金1億7220万円、下水道施設維持管理や水質・水量調査業務等5046万円、汚水や管渠、雨水の整備1億526万円。
 22年度事業費が配水管の整備や老朽化等に伴う配水管の布設替え工事1億9260万円、農業集落排水処理施設の保守点検や維持管理7515万円、石田地区の汚水整備1億8874万円、浄化センター等建設負担金や維持管理負担金1億8117万円、下水道施設維持管理や水質・水量調査業務等5090万円、汚水や管渠、雨水の整備1億3010万円。
 農業用用排水路など農業用施設の改修等支援(県単)の21、22年度事業費は各2100万円。普通河川の調査・改修及び維持管理は21年度事業費が2900万円、22年度事業費が3600万円。
 中心市街地の都市再生整備計画の策定は21年度251万円、22年度2万円で合計額は253万円。
 このほかの2カ年事業では、測量設計用地調査等業務委託や道路改良工事に5億1870万円、庁舎・設備の維持修繕に4億7884万円、除草・剪定業務委託や道路維持管理業務委託に2億円、庁内ネットワークシステム関連機器のリース及び保守業務に1億2877万円を計上。
 測量設計用地調査等業務委託や道路改良工事の21年度事業費は3億200万円、庁舎・設備の維持修繕2億1431万円、除草・剪定業務委託や道路維持管理業務委託1億円、庁内ネットワークシステム関連機器のリース及び保守業務5672万円。
 22年度の測量設計用地調査等業務委託や道路改良工事が2億1670万円、庁舎・設備の維持修繕2億6453万円、除草・剪定業務委託や道路維持管理業務委託1億円、庁内ネットワークシステム関連機器のリース及び保守業務7204万円。
 総事業費は21年度106億8992万5000円、22年度109億4394万5000円で2カ年の合計額は216億3387万円。

ページトップ