建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者千葉県千葉市
見出し次期処分場で調査等/21年度予算要求の概要/蘇我駅周辺など再開発検討/千葉市  
掲載 2021年1月8日日刊建設タイムズ  
本文

 千葉市は、2021年度の各局予算要求の概要を公表した。主な事業および要求額は、新清掃工場の整備17億400万円、次期最終処分場の整備2100万円、JR蘇我駅周辺地区の街づくり1200万円、JR稲毛駅東口地区の街づくり1000万円、柏井橋・亥鼻橋の架け替え整備4億9400万円、都市計画道路塩田町誉田町線の整備14億4300万円、都市計画道路磯辺茂呂町線の整備15億8900万円、新病院整備基本計画・基本設計2億6000万円、学校施設の環境整備22億4200万円、新設校建設基本設計1億6000万円。そのほか、新規事業として動物保護指導センター再整備に500万円を求めている。
 一般会計の見積もり総額は、前年度比6・6%増の4943億8800万円。特別事業会計は、霊園事業9億5400万円(前年度比19・1%増)、農業集落排水事業6億4500万円(同29%減)、地方卸売市場事業14億4300万円(同5・8%増)、都市計画土地区画整理事業11億3600万円(同0・4%増)、市街地再開発事業10億2500万円(同4・4%減)、動物公園事業14億5200万円(同13・6%増)など。企業会計は、病院事業263億4700万円(同2・5%増)、下水道事業610億2200万円(同3・5%増)、水道事業41億8800万円(同12・5%増)。
 新清掃工場の整備では、若葉区北谷津町の旧清掃工場の解体と土壌汚染対策などを行うほか、26~30年度に実施する新港清掃工場のリニューアル整備に向け、基本計画を作成する。
 さらに、次期最終処分場の施設規模や建設候補地の調査・検討に着手する。
 JR蘇我駅周辺地区とJR稲毛駅東口地区においては、駅前広場と駅前商業地を一体的に再編するなどしてにぎわいの創出を図るとともに、都市基盤の整備を行うため、再開発事業の検討を進める。
 花見川に架かる柏井橋と亥鼻橋は、建設後50年以上が経過するとともに幅員が狭いことから、橋梁長寿命化修繕計画に基づき計画的な架け替えおよび歩車道分離を行う。
 塩田町誉田町線は国道357号から誉田町に至る主要幹線道路。未整備区間の国道357号から国道16号・京葉道路までの塩田町地区約0・8kmと、千葉南警察署付近の交差点から誉田駅前線までの誉田町地区約1・4kmの整備を進める。
 磯辺茂呂町線は、市内の放射道路をつなぐ環状道路。園生町交差点から園生町111号線までの約2・4kmの整備を推進する。
 新病院整備では、基本計画および基本設計をまとめる。
 学校施設の環境整備により、安心安全な教育環境を確保するとともに、建物の長寿命化を図るため、老朽化した施設の大規模改造などを実施する。対象は、大規模改造実施設計4校、大規模改造工事8校、外壁改修実施設計4校、トイレ改修実施設計13校。
 幕張新都心若葉住宅地区における新設校の建設に向け、基本設計を取りまとめる。
 また、動物保護指導センターの再整備に向け、あり方を検討するための懇談会を設置する。

部局別の主な事業と要求額

(新規事業は▼)
【総務局】
<危機管理>
 ▽マンホールトイレの整備=3000万円
 ▽防災行政無線の整備=1億6900万円
【総合政策局】
<総合政策部>
 ▽次期基本計画の策定(計画案の作成など)=2000万円
<未来都市戦略部>
 ▽(仮称)幕張新都心まちづくり将来構想の策定=4400万円
【財政局】
<資産経営部>
 ▽新庁舎整備工事(建物躯体工事、内装工事)=78億9200万円
 ▽新庁舎整備総合管理支援業務=3700万円
【市民局】
<市民自治推進部>
 ▽庁内自治会の育成と連絡調整(地域避難施設(仮称)として活用する集会所の建設等補助限度額加算など)=1億6800万円
 ▽防犯カメラ設置管理(富士見地区の防犯カメラ更新、JR主要駅周辺等の防犯カメラ設置)=1600万円
<生活文化スポーツ部>
 ▽(仮称)千葉公園体育館の整備(本体工事)=26億7900万円
【保健福祉局】
<医療衛生部>
 ▽環境保健研究所移転整備=8800万円
 ▼動物保護指導センター再整備(再整備に向けたあり方検討懇談会の設置など)=500万円
 ▽平和公園拡張建設=2億5000万円
【こども未来局】
<こども未来部>
 ▽子どもルーム整備・運営=39億8700万円
【環境局】
<資源循環部>
 ▽新清掃工場の整備(北谷津用地旧清掃工場の解体・土壌汚染対策等、新港用地施設基本計画作成)=17億400万円
 ▽塵芥汚水処理場の建て替え(建て替え・運営・維持管理のPFIアドバイザリー業務)=2300万円
 ▽次期最終処分場の整備(施設規模や建設候補地の調査・検討)=2100万円
【経済農政局】
<経済部>
 ▽産業用地整備支援((仮称)産業用地整備方針策定、ネクストコア千葉誉田周辺道路整備)=5600万円
 ▽市場機能の強化(経営戦略策定のための調査等、老朽化した施設の改修)=5億1700万円
【都市局】
<都市部>
 ▼土地利用誘導方針等の作成=1900万円
 ▽幕張新都心拡大地区新駅の整備=5億4100万円
 ▽中央公園・通町公園の連結強化(公園用地の買収等)=9億9500万円(債務負担行為を含む)
 ▽JR蘇我駅周辺地区の街づくり(再開発事業の検討など)=1200万円
 ▽JR稲毛駅東口地区の街づくり(再開発事業の検討など)=1000万円
 ▽都市モノレール施設更新改良=6億8600万円
 ▽寒川第一土地区画整理=3億2000万円
 ▽東幕張土地区画整理=12億600万円
<都市計画土地区画整理事業特別会計>
 ▽土地区画整理事業(建物移転、宅地造成、道路舗装など)=113億6000万円
<建築部>
 ▽市営住宅の整備(計画的な修繕、老朽化した市営住宅の解体)=12億3400万円
 ▽市有建築物計画的保全(適切な維持管理など)=30億9600万円
<公園緑地部>
 ▽稲毛海浜公園のリニューアル=8億5100万円
 ▽千葉公園の再整備(「賑わいエリア(野球場跡地)」の民間活力導入に向けた事業者公募など)=900万円
 ▽青葉の森スポーツプラザ施設整備(老朽化した施設の修繕)=6300万円
 ▽身近な公園の整備=5200万円
 ▽蘇我スポーツ公園の整備=5億9700万円
 ▽都川水の里公園の整備(総合公園の用地取得)=7300万円
 ▽花見川サイクリングコースの充実(老朽化した舗装の修繕など)=900万円
 ▽身近な公園のリフレッシュ推進(老朽化した遊具等の更新、出入り口のバリアフリー化など)=1億7800万円
 ▽花島公園の充実(老朽化施設の調査)=800万円
 ▽泉自然公園の魅力向上(老朽化施設の改修)=1億900万円
<動物公園事業特別会計>
 ▽動物公園事業(動物公園リスタート構想に基づくハード・ソフト事業)=14億5200万円
【建設局】
<土木部>
 ▽橋梁の耐震化=3億1100万円
 ▽花見川に架かる2橋の架け替え整備(柏井橋、亥鼻橋)=4億9400万円
 ▽無電柱化の推進=3億1800万円
 ▽道路施設の長寿命化(計画的な補修)=24億4700万円
 ▽市民生活に密着した道路維持の充実(舗装・側溝の新設・改良)=38億800万円
 ▽交通安全施設の充実(区画線の引き直し、標識等の設置、路肩の着色)=3億2400万円
 ▽歩道の改良(段差解消、視覚障害者誘導用ブロック設置)=1億8300万円
 ▽狭あい道路の拡幅=1500万円
 ▽建設工事の生産性向上(遠隔臨場に用いる機器の導入)=100万円
<道路部>
 ▽歩道の整備=6億5500万円
 ▽交差点の改良=1億3700万円
 ▽都市計画道路「塩田町誉田町線」の整備=14億4300万円
 ▽都市計画道路「磯辺茂呂町線」の整備=15億8900万円
 ▽都市計画道路「村田町線」沿道地区の整備=2900万円
 ▽都市計画道路「誉田駅前線」の整備=6億800万円
 ▽都市計画道路「幕張本郷松波線」の整備=9億8600万円
 ▽都市計画道路「南町宮崎町線」沿道地区の整備=1億7000万円
 ▽企業立地を促進するための道路整備(東寺山町山王町線の拡幅)=4億4400万円
 ▽生活道路の整備=10億7100万円
 ▽自転車を活用したまちづくり(自転車走行環境・駐輪場の整備など)=9億5000万円
<下水道管理部・建設部>
 ▽河川の改修=4億7000万円
 ▽排水施設の整備=3億4200万円
 ▽都市下水路の整備=8100万円
 ▽急傾斜地崩壊防止工事の推進=1億8500万円
 ▽排水路の改修=9億6700万円
 ▽都市下水路の改修=1億4800万円
<下水道事業会計>
 ▽下水道事業(重点地区および19年10月25日の大雨による浸水被害箇所など一般地区の雨水整備、下水道施設の耐震化、災害時における衛生的なトイレ環境の整備、老朽化した下水道施設の効率的な維持管理・改築・再構築、高度処理施設の整備)=610億2200万円
【消防局】
<総務部>
 ▽非常用発電設備の整備=7400万円
 ▽消防水利の整備(防火水槽の新設)=5100万円
<警防部>
 ▽ちば消防共同指令センター機器更新=7700万円
 ▽防災情報カメラ修繕=1200万円
<予防部>
 ▽感震ブレーカー等設置推進事業=200万円
【水道局(水道事業会計)】
 ▽配水管の更新(緑区)=2900万円
 ▽大木戸西澤橋水管橋の更新=2億1600万円
 ▽平川浄水場電気設備の改築更新=2億4200万円
 ▽配水管の新設(若葉区)=9400万円
【病院局(病院事業会計)】
 ▽新病院整備(基本計画、基本設計)=2億6000万円
【教育委員会事務局】
<教育総務部>
 ▽学校施設の環境整備(大規模改造実施設計4校、大規模改造工事8校、外壁改修実施設計4校、トイレ改修実施設計13校)=22億4200万円
 ▽各種改修・校庭整備(給水設備改修設計1校、給水設備改修工事2校、消火設備改修工事4校、屋上防水改修工事2校、校庭整備実施設計3校、校庭整備工事2校ほか)=12億2100万円
 ▽エレベーター設置(実施設計6校、工事3校)=3億1200万円
 ▽校舎等解体(実施設計2校、工事1校)=2億3200万円
 ▽新設校建設(基本設計)=1億6000万円
<学校教育部>
 ▼市立中等教育学校(仮称)設置(老朽化した校舎の耐力度調査など)=3500万円
 ▽給食室空調設備整備(小学校10校)=2000万円
<生涯学習部>
 ▼科学館リニューアル=2億6300万円
 ▽特別史跡加曽利貝塚史跡等の整備(便益施設新築、野外観覧施設展示改修、新博物館基本計画策定)=3億1600万円

ページトップ