建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者群馬県河川課
見出し県河川課が休伯川で内水対策計画策定へ  
掲載 2021年1月8日群馬建設新聞  
本文

県河川課は太田市と大泉町、千代田町を流れる休泊川の流域で総合的な内水対策計画の策定を進めている。県だけでなく流域の市町村および国土交通省と協力し、それぞれが実施する対策などをまとめる。2021年度早期の策定完了を目指す。計画期間は10~20年間のスパンを見込む。
休泊川は太田市から大泉町を抜け、利根川にそそぐ河川。大泉町の途中にある富士堰で新谷田川放水路に分岐して千代田町に入り、国の休泊川排水機場により利根川へ放水している。19年の台風19号の際には、利根川の増水により排水が効率的にできなくなり、休泊川の下流側や放水路のある千代田町内で内水被害が発生。これまでに下流部で河川整備を行い、現在も上流工区と位置付けて太田市から大泉町内で改修工事を推進している。
計画は、休泊川沿いが市街地となっていることなどから県が行う河川断面の拡幅など河川整備による対策だけでなく、雨水の一時貯留など国や流域市町村が行う対策をソフト・ハードの両面で検討。20年10月には国と市町村を含めた協議会を立ち上げ、県も河川課だけでなく下水環境課や農政部など関係部局が参加し、対策を協議している。策定にあたっては検討業務を邑楽・館林圏域河川整備計画の見直しと合わせて東京建設コンサルタント(東京都豊島区)が行っている。

ページトップ