建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県宇都宮市
見出し宇都宮市 中央卸売市場再整備、来月、複数工事を一挙公告  
掲載 2021年1月13日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 宇都宮市は近く、中央卸売市場再整備工事(簗瀬町1493)を本格化させる。2月上旬に①水産仲卸業者冷蔵施設移転新築②水産卸売業者冷蔵施設機械設備更新③関連商品売り場A棟ほか1カ所解体④水産棟等電気設備移設⑤屋外トイレ改築⑥屋外トイレ3棟解体-にかかわる10件程度の制限付き一般競争入札を一挙に公告する。これら工事には約21億円の債務負担行為を設定。単年度から2カ年間で施工する。2026年度の完成を目指し、総工費約50億円を投入する。
 主要な大型工事予算は水産仲卸業者冷蔵施設移転新築が11億561万円。水産卸売業者冷蔵施設機械設備更新が8億4150万円。関連商品売り場A棟解体が8947万4000円。水産棟等電気設備移設が4840万円。いずれも20~21年度の2カ年継続。
 当初は昨秋の入札公告を予定していたものの、設備機器の配置計画の見直しにより若干の調整が生じた。新築する仲卸業者冷蔵施設は建築一式、機械設備、電気設備の3分離。機械設備のみを更新する卸売業者冷蔵施設は機械設備と一部電気設備を分離する。
 水産仲卸業者冷蔵施設新築実施設計はAIS総合設計(市内)が担当。建物はS造平屋建て延べ1250平方m。水産卸売業者冷蔵施設設備更新実施設計は、ネオ設計(市内)が手掛けた。既存建物は残し、内部の冷凍冷蔵用冷凍機一式を改修する。
 敷地北側の関連商品売り場A棟解体はRC造平屋建て延べ2560平方m。併せてRC造平屋建て延べ20平方mのトイレを一緒に解体する。建物群の解体実施設計は半貫建築設計事務所(市内)。一角にはA~Cの3棟が建ち、かつては小売業者が軒を連ねていた。
 近年は空き区画が目立ち、B~C棟へ小売業者を集約した。役目を終えたA棟は解体し、にぎわいの象徴的存在だった遺構は消滅する。築50年近い建物は外壁にアスベストが使用されており、アスベスト含有調査は環境公害分析センター(市内)が済ませている。
 水産棟等電気設備は、仲卸業者冷蔵施設移転新築や卸売業者冷蔵施設機械設備更新に伴う構内配電線路の布設工事。改築する屋外トイレ実施設計は都市環境建築設計所(市内)が担当。RC造平屋建て延べ40平方mとなり、建築一式、給排水衛生設備、電気設備に3分離する。
 屋外トイレ解体はRC造平屋建て延べ40平方mの各3棟を一括発注に持ち込む。小規模工事とあって工期3カ月を見込む。年度末の完工が間に合わない場合は入札公告を見合わせ、翌年度に延期する可能性がある。
 21年度は敷地東側の組合事務所(RC造2階建て延べ440平方m)を解体撤去、青果仲卸業者荷さばき所を新設、構内道路の付け替え再整備を予定。荷さばき所新築実施設計はAIS総合設計、構内道路実施設計は景観プランニング(市内)が担当する。
 市場では平成通り(主要地方道宇都宮真岡線)の東側エリア3・3haに創設を計画する「にぎわいエリア」の在り方を検討。関連エリア利活用調査は、パシフィックコンサルタンツ(東京都)が導入機能を多角的に分析している。
 15年4月から、市場は関連商品売り場棟を一般消費者に開放。毎月第2土曜日の午前9時から正午まで「うんめーべ朝市」と称し、様々な商品を卸売り価格で販売。生鮮食料品の消費拡大や子どもたちへの食育推進に努め、市場の役割を市民に発進している。
 にぎわいエリアは市場開放の一層の促進に向け、民間事業者への定期借地権付き土地賃貸借を想定。民間事業者の豊富な経験と実績、発想力を生かし市場の活性化につなげる。建物群の再整備工事と並行しつつ実施方針や要求水準書をまとめ、公募要件を固める。
 22年度はにぎわいエリアの民間事業者公募のほか、受変電設備棟や警備員詰所を改築。23年度はにぎわい施設に生まれ変わる商業施設エリア大小建物群と管理事務所の解体撤去を計画。24年度は駐車場を再整備し、北関東唯一の中央卸売市場の優位性を確立する。
 市中央卸売市場は1975年6月に開場し、総面積15haに及ぶ広大な敷地を有す。18年度に施設等整備基本計画を策定し、目標年次を21年度に据えていた。緊急性の高い水産棟と青果棟の耐震化を最優先し、18年度から耐震補強工事に着手した。
 そんな中で卸売市場法の改正が決まり、市は法改正の推移を見極める必要があると判断。市は改正内容の情報収集とともに、市場関係者との連絡調整に時間を割いた。最大の懸念材料は市場そのものの存続の危機であり、その他の工事の一時凍結を余儀なくされた。
 20年6月21日に施行された改正卸売市場法では食品流通の核に卸売市場の堅持が明示され、主に取引ルールの規制緩和が打ち出された。工事の凍結期間中は法改正の動向をにらみつつ、建物の規模や配置について設計内容を大幅に見直す期間に充てていた。

ページトップ