建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国会,政府
見出し【施政方針演説】5年集中で国土強靱化対策/菅首相が考え示す  
掲載 2021年1月19日本社配信  
本文

 18日に召集された第204回通常国会における施政方針演説で、菅義偉首相は災害対策やデジタル改革などを進める考えを示した。災害対策では、3月11日で発生から10年を迎える東日本大震災の経験も教訓としながら、災害が激甚化する中で災害時には万全な対応を速やかに行うとともに、5年間集中で事業規模15兆円を目途とする防災・減災、国土強靱化対策を進める意向を表明。また、大雨予測の精緻化、遊水地や貯留施設の整備、ダムの事前放流、土地利用の見直しなど「ハードとソフトの対策により住民の命を守る」と強調した。
 菅首相は成長の原動力として「グリーン」と「デジタル」を掲げた。エネルギーの関係では世界に先駆けて脱炭素社会を実現するとし「水素や洋上風力など再生可能エネルギーを思い切って拡充し、送電線を増強する。デジタル技術によりダムの発電を効率的に行う。安全最優先で原子力政策を進め、安定的なエネルギー供給を確立する」とした。
 今秋のデジタル庁の創設にも言及し「改革の象徴であり、組織の縦割りを排し、強力な機能と初年度は3000億円の予算を持った司令塔として国全体のデジタル化を主導する」と説明。1兆円規模の緊急対策として改革に着手し、全国規模のクラウド移行に向け「今後5年間で自治体のシステムも統一、標準化を進め、業務の効率化と住民サービスの向上を徹底する」との姿勢を見せた。

ページトップ