建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県
見出し県建築物、耐震改修促進計画案、県有特定天井は100%、25年度末の住宅目標95%  
掲載 2021年1月20日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 県は、建築物耐震改修促進計画(3期計画)案をまとめた。計画期間は2021~25年度の5年間。25年度末の耐震化率目標を住宅が95%、県有建築物の特定天井が100%、多くの者が利用する建築物と耐震診断義務付け建築物がおおむね解消と設定した。
 住宅は今後、建て替え等で25年度の耐震化状況は総戸数の約76万6000戸のうち耐震性が不足する住宅が約6万5000戸で耐震化率は約91%になると推計。計画期間中はさらに約2万7000戸の耐震化を促進する。県有建築物の特定天井は14施設23カ所のうち耐震性が不足している5施設7カ所の耐震化完了を目指す。
 多くの者が利用する建築物は耐震性が不足すると推計される210棟、耐震診断義務付け建築物は耐震性が不足する17棟の耐震化を促進する。
 基本的な取り組みでは、住宅が耐震化費用の助成支援や耐震シェルターの設置など減災化の普及促進を図り、市町指定の避難路沿道の耐震性が不足している住宅や危険なブロック塀などの除去を促進する。その他建築物は耐震化費用の助成や所有者などへの働きかけを基本的な取り組みとする。
 耐震化の施策では①木造戸建て住宅の耐震診断や補強計画策定、耐震改修及び耐震建て替え、耐震診断が義務付けられた建築物の補強計画策定や耐震改修等の費用助成②通学路や多くの住宅から避難所等に通じる道路沿いにある危険なブロックや組積造の塀の除去に対する費用助成-などを盛り込んだ。

ページトップ