建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県燕市
見出しビジョンよしだの設計は細貝建築事務所に  
掲載 2021年1月30日新潟建設新聞  
本文

 燕市は大規模改修を計画する吉田トレーニングセンター(ビジョンよしだ)の設計業務について、随意契約で細貝建築事務所に委託する。
 設計業務委託費として600万円を専決処分とした。全面改修に向けた設計を2018年に同者に委託しているため。
 市では、職員が新型コロナウイルスに感染したため、28日に開催予定だった市議会全員協議会と臨時会を急きょ取りやめ、議案の提出はなされなかった。上程する予定だったビジョンよしだ設計費、感染症対策と除雪対応の補正予算案は、協議の結果専決処分とした。
 建設工事費に関しては、新年度当初予算には盛り込まず、設計が固まり次第9月定例会に諮ることになりそうだ。概算工事費は15億6750万円。22年の秋ごろのリニューアルオープンを目指す。
 トレーニングルームの拡充を改修の中心とする。現在1階にある全天候型のこどもの遊び場「ちびっこドリームランド」を廃止し、そこにトレーニングルーム機能を移設。2階の和室をロッカールームに変更し、1階トレーニングルームへの往来のため専用階段を設置する。入浴施設は存続とした。
 場所は吉田本所153-1。1994年の竣工、RC造2階建て、延べ床面積4761㎡。敷地面積は約2万5000㎡。駐車場は手を加えない。
 また、廃止するちびっこドリームランドは利用者が多く、存続を求める声もあったため、現在代替機能の整備を検討している。新年度に当初または補正で予算計上し、方向性を示す方針だ。

ページトップ