建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者山梨県昭和町
見出し新年度予算案に工事費 昭和町の常永小増築  
掲載 2021年2月3日山梨建設新聞  
本文

 昭和町は新年度当初予算案に常永小校舎(河西地内)の建設費を盛り込む方針を固めた。長崎幸太郎知事が掲げる「25人学級」の導入に向け、普通教室などが入る校舎を増築する計画。新年度早々にも入札に掛け、同年度末完成を目指す。億単位の工事費が見込まれるため、町議会で施工者との契約承認後、着工する見通しだ。
 教委によると、増築する校舎はRC造3階建てで、延べ床面積は284㎡を見込む。外壁などの資材や造りを既存校舎と同様にする予定で、床暖房も入れる。設計は一級建築士事務所・薬袋設計が作成した。
 建設場所は西側の中庭の一角。既存校舎の最も西側への増築も考えたが、すぐ脇に道路が走り、スペースが取れないなどの理由から断念した。
 2022年4月の供用を予定しているため、工期から考え新年度早々の入札になる見通し。今のところ電気・機械設備を含め一括で工事発注する方針だ。建設費は全て町単独の予算で賄う。
 町教委は増築校舎について「現在の校舎の形から、増築校舎の場所をどこにするか検討を重ねた。費用対効果を考え、安価で最も良いものになっていると思う」と話した。

【写真=中庭の一角に校舎増築】

ページトップ