建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県新潟市
見出し都市再生整備地域指定へ月内にも国に素案提出  
掲載 2021年2月11日新潟建設新聞  
本文

 新潟市は9日、新潟都心地域都市再生緊急整備地域準備協議会の3回目の会合を開き、都市再生緊急整備地域の指定に向けた整備方針素案をまとめた。今月中にも国に素案を提出し、早期の指定を目指す。同地域に指定されることで容積率や上空利用などの規制緩和を受けることができる。市では民間事業者による優良建築物等整備事業が計画される新潟駅西口地区で特例適用の第1号を目指している。
 素案では新潟駅周辺や万代、古町地区の約148haでの指定を計画しており、整備の目標や都市機能など整備方針素案をまとめている。指定エリアには駅南口西地区以外に三越跡なども含まれ、都心部での規制緩和による民間開発の促進が期待される。
 今後のスケジュールでは今月中にも整備方針素案を国に提出し、3月中に内閣府の有識者会義で審査が行われる見通し。夏ごろのパブリックコメントや内閣法制局での審査を経て、指定の要件を満たしていれば閣議決定となる。また指定による規制緩和を受けるためには、事業範囲が都市再生特別地区として都市計画に位置付けられている必要があり、まずは新潟駅西口地区での都市計画決定を目指す。
 新潟駅南口西地区では、民間事業者の優良建築物等整備事業により3棟で合計延べ床面積約4万7000㎡の施設の建設が計画されている。
【写真=整備方針素案を協議】

ページトップ