建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県那須塩原市
見出し那須塩原市予算案、箒根教育校で校舎設計費、青木物産センター改築設計も  
掲載 2021年2月13日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 那須塩原市は、2021年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比1%減の490億円。普通建設事業費は第2期最終処分場整備費の減額などにより38・3%減の39億5927万4000円。小中学校の施設整備を推進し、箒根地区義務教育学校の新築校舎や校舎改修の設計費を計上。青木ふるさと物産センター建て替え設計費、脱炭素社会構築推進費、民間保育園施設整備支援費などを計上した。(4面に主要事業予算)
 小学校施設整備費は1億4520万円。箒根地区義務教育学校は関谷小の施設を利用して23年4月に開校を予定。後期課程用の新校舎と既存校舎改修の設計を開始する。
 施設の長寿命化は槻沢小校舎の屋上防水改修工事などを実施。中学校施設整備費は1億3800万円。黒磯中校舎屋上防水改修の設計と工事費、三島中の受水槽・高架水槽改修工事費などを措置した。
 脱炭素社会構築推進費は指定避難所への自立・分散型エネルギー設備導入設計、地域新電力事業化計画策定、スマート街路灯整備などに7653万円。地球温暖化対策実行計画改定、気候変動情報の収集分析にも取り組む。
 那須塩原駅周辺まちづくりはビジョン実現のロードマップ作成支援など2000万円。新庁舎は昨年12月に設計関係予算の全額を減額。21年度は内容の検討を進める。
 国民体育大会推進事業費は6億2858万円。馬術競技会場の整備や進入路改良工事などの建設費に4億8134万円を充てる。
 中山間地域活性化事業は道の駅「明治の森・黒磯」の青木ふるさと物産センターの改築に向けた基本設計費を含め2819万円。宿泊体験館の屋根や沼原湿原入り口遊歩道、木の俣園地駐車場の改修工事、吊り橋点検を進め、塩原渓谷沿いでは修景のための立木調査や伐採処理業務を実施する。
 農村基盤施設整備は四区地区農道工事などに5657万円。堆積土砂浚渫や舗装修繕も実施。林道整備事業は2740万円。沼代シダブ線の改良工事や橋梁耐震補強設計を行う。
 民間保育園施設等整備は新築1園、改修2園の支援に2億8092万円。地域福祉計画作成コンサルティング業務費を措置した。
 土木費は道路の改良や舗装改築、路側帯カラー舗装などに充てる防災・安全交付金事業に4億8001万円、社会資本整備総合交付金事業に3億2262万円、地方創生道整備推進交付金事業に1億8063万円、市単独道路整備事業に1億2340万円。外壁や排水設備改修などの市営住宅整備は6361万円。
 都市公園等長寿命化事業は東那須野公園の枕木階段改修や鳥野目河川公園の木道改修の設計と工事などに3281万円。普通河川等整備は5230万円。
 青木サッカー場は駐車場舗装工事に4000万円、くろいそ運動場体育館庇改修工事などに2180万円、ハロープラザ空調機改修などに4780万円、健康長寿センター自動火災警報装置更新・駐車場整備工事に2680万円、博物館空調用冷温水発生器修繕設計に100万円。
 黒磯駅周辺地区都市再生整備計画事業は道路美装化などに4664万円。黒磯図書館解体工事、三島ホール舞台機構設備更新設計、音響設備更新工事に予算を措置する。
 水道事業会計の資本的支出は17億7034万円(前年度比11・1%減)で建設改良費は12億1960万円(15・8%減)。浄水設備費は鳥野目浄水場更新の詳細設計など1億7569万円。配水設備拡張費は10億3549万円。石綿セメント管更新などを推し進める。
 下水道事業会計の資本資本的支出は17億4479万円(7・3%減)。管渠や管更生工事などの管路建設改良費は5億9488万円。収益的支出の管渠費はカメラ調査や清掃業務委託などに2739万円。
 産業団地造成事業特別会計は6945万3000円(70・8%減)で企業誘致を推進。温泉事業特会は9438万3000円(3%減)。高効率化改修計画策定や詳細設計を進める。

ページトップ