建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者群馬県安中市
見出し安中市の21年度当初予算案  
掲載 2021年2月16日群馬建設新聞  
本文

安中市(茂木英子市長)は15日、2021年度当初予算案を明らかにした。榎木配水池更新事業に2億9800万円を計上、造成および築造工事に取り組む。従来事業とは別枠で、幹線道路などの維持整備工事を集中的に行う市道リフレッシュ事業に5000万円を確保した。このほか、墓地建設事業や碓氷峠の森オートキャンプ場整備事業、文化センター駐車場増設事業などが新規事業として盛り込まれた。
茂木市長は「コロナ禍に伴う市民の孤立・孤独をなくすために、多世代の交流を強化。市民生活の基盤を支えるための予算配分を心掛けた」と説明。一般会計総額は対前年度比0・4%減の242億9900万円。普通建設事業費は同2・9%減の19億2154万円(構成費7・9%)と例年並みを確保した。
20年度からの継続事業として取り組む榎木配水池更新事業は2億9800万円を計上。RC造、面積198・8㎡、容量790立方mの既存施設を更新するもので、日水コン(東京都新宿区)が設計を進めている。新施設は既存と同規模程度を想定している。
市道リフレッシュ事業はこれまでの道路維持補修事業とは別枠で、幹線道路の維持整備を行うためのもの。初年度は5路線の舗装補修工事を計画している。このほかの道路関連事業は◇道路維持補修事業=2億7373万6000円◇道路新設改良事業=3億2522万5000円◇橋梁維持補修事業=2億4102万4000円-などを確保した。
旧市民農園を活用する碓氷峠の森オートキャンプ場等整備事業は720万円で整備用地を確保する。
文化センターは駐車台数不足を解消するために、増設工事を計画している。既設の駐輪場や緑地を撤去し、64台分のスペースを増設する。事業費は4593万3000円。
自校式給食室のドライ化をスタート。ウェット式の7小学校、2中学校が対象で、段階的に改修を進める。21年度は実施設計の委託料として1087万6000円を計上した。1校当たり1~2億円の事業費を想定、最短10カ年で完了する。
地域の防災力強化に向けて、国土強靱化地域計画を策定する。事業費は411万4000円となっている。

ページトップ