建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県
見出し県予算案の継続費、県警本部40億、深山発電所15億、宇都宮産業展示館に4件  
掲載 2021年2月18日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 県は2021年度一般会計当初予算案に警察本部庁舎受変電設備、宇都宮産業展示館の改修、足利女子高校校舎や足利市民会館の解体など19件の継続費を設定。電気事業会計に2件、水道事業会計に1件、工業用水道事業会計に1件設定した。(2面に年割額)
 警察本部庁舎の受変電設備等改修は21~23年度の3カ年で40億7661万円。このほかの一般会計の継続費は21~22年度。
 本庁舎電話交換機更新は4億5659万円、なかがわ水遊園本館空気調和設備改修は8億4494万円、那須庁舎外構工事は3億8029万円。
 宇都宮産業展示館は4件。屋根・防水等改修に11億2891万円を計上したほか、省エネ設備整備に1億3121万円、給水設備等改修に1億514万円、特定天井落下防止改修に4億4396万円。
 とちぎ男女共同参画センターは3件。省エネ設備整備に1453万円、音響設備等改修に207万円、特定天井落下防止改修に4923万円を措置した。
 足利高校整備に伴う足利女子高校舎解体は7億8093万円、市民会館解体は7億1654万円。宇都宮中央高校はグラウンド整備に4億7059万円、部室整備に7990万円。
 県南体育館吸収冷温水発生機改修に3億4570万円、とちぎ健康づくりセンター特定天井落下防止改修に7023万円。水と緑の南摩の里整備は事業者選定や地質調査などに9500万円。警察管理費の職員宿舎解体に1億6901万円を措置した。
 電気事業会計は21~22年度の2カ年の深山発電所水力設備実施設計業務委託に1936万円、21~25年度の5カ年の深山発電所全面改修工事に15億1008万円を計上。また、深山発電所主要機器等撤去工事に限度額2億4002万円の債務負担行為(22~25年度)を設定した。
 水道事業会計は1系排水処理池汚泥掻寄機更新工事に6161万円、工業用水道事業会計は1系排水処理池汚泥掻寄機更新工事に8510万円の継続費(21~22年度)。それぞれ掻寄機の撤去工事として220万円、275万円の債務負担行為(22年度)を措置した。

ページトップ