建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県野木町
見出し野木町予算案、逆川排水機場で電気機械改修設計、友沼橋で長寿命化測量設計  
掲載 2021年2月20日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 野木町は19日、2021年度当初予算案を公表した。一般会計は前年度比1・3%減の77億5800万円。第1松原踏切の拡幅工事終了に伴い減額。普通建設事業費は22・2%減の3億1627万1000円。新規では逆川排水機場電気・機械設備改修工事の実施設計に2000万円を計上した。継続では友沼橋長寿命化対策工事の測量設計など橋梁維持事業、野木第2工業団地周辺での道路新設改良事業を盛り込んだ。(3面に主要事業の予算額)
 逆川排水機場では20年度から引き続いて実施する耐震補強工事に6500万円を計上。橋梁維持事業は624万円、野木第2工業団地周辺は4880万円を配分した。
 このほか、1級幹線5号線(若林)道路改良工事に4100万円、川西地区水防拠点整備付帯工事負担金に2500万円、川田Ⅰの測量等地籍調査に1022万円を措置。川西地区では国の水防拠点整備に伴い既存の町道2路線を付け替える。
 下水道事業会計の支出は公共下水道事業が前年度比13%増の5億8254万5000円、農業集落排水事業が2・2%増の3458万1000円。公共下水道事業(汚水)には8975万8000円を充て管渠工事、舗装復旧工事、汚水管路更新工事、汚水TVカメラ調査を実施する。
 水道事業会計の資本的支出は31%減の1億8173万6000円。水道施設管路更新(耐震化)計画策定や重要給水管布設替え工事実施設計、アセットマネジメント検討に4276万8000円を計上。また、都市計画道路3・4・7小山野木線配水管布設工事に2600万円を配分した。

ページトップ