建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県新潟市
見出し最低制限算定方法見直し委託でランダム係数  
掲載 2021年2月23日新潟建設新聞  
本文

 新潟市は、2021年度契約分から変動性を採用しない建設コンサルタントおよび業務委託の最低制限価格算定にランダム係数を導入することを決めた。開札時に最低制限価格を決定することで、入札前に推察できない仕組みとする。
 ランダム係数を用いた最低制限価格の設定方法は、入札時にくじ引きを行い、あらかじめ予定価格決定権者が決めた番号と全業者のくじ番号を合計した数字をランダム係数表に当てはめ、ランダム係数(1~1・02)を算出。最低制限基本価格にランダム係数を掛けて出た額を最低制限価格とする。
 市は秋葉区での官製談合事件を受けて庁内の調査検討チームを設置し、業務における入札・契約の状況の調査や再発防止策の検討を進めていた。
 最低制限価格設定方法の見直し以外の再発防止策では、毎年、同種の業務を委託するなど継続性のある契約案件について市内業者優先の原則を維持しつつ、指名業者を原則1者以上入れ替える。そのほか職員の体制では、業務の担当職員とは別に入札事務担当職員を配置し、指名業者の選定、予定価格および最低制限価格の決定など入札関係事務を切り離して行うほか、予定価格書および予定価格、最低制限価格算出の基となった資料は、入札直前まで鍵つきの保管庫で保管するなどの対策を徹底する。

ページトップ