建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県高根沢町
見出し高根沢町予算案、宝積寺駅周辺再生1.2億、新規に防災重点ため池調査、橋梁点検、たから学童に補助  
掲載 2021年2月25日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 高根沢町は24日、2021年度当初予算案を公表した。一般会計は前年度比3・4%減の103億9000万円。普通建設事業費は20・2%減の15億4361万円。宝積寺駅周辺地区都市再生整備事業、橋梁修繕事業、町道108号線舗装修繕工事、町道維持修繕事業、宝積寺西通り整備事業、防災重点農業用ため池防災減災対策推進事業、地域密着型特別養護老人ホーム整備費補助事業を盛り込んだ。
 宝積寺駅周辺地区都市再生は1億2756万6000円。基幹事業は町道375号線道路改良工事と街区公園2号整備工事の2つ。町道375号線は延長200m区間の改良、街区公園2号は面積2200平方mを整備。工事時期は7月から22年3月まで。
 橋梁修繕は4405万円。日常生活で橋梁を安全に利用できるよう29橋を計画的に点検する。町道108号線舗装修繕工事は2000万円。10月から22年3月まで桑窪地区で延長80m区間の舗装を修繕し、安全で円滑な交通を確保する。
 町道維持修繕は3828万円(補修委託2000万円、維持修繕工事1700万円)。宝積寺西通り整備は1899万7000円。宝積寺駅第2地区の都市計画道路整備方針の検討、沿線地権者の意向調査、未相続共有地の取得、物件調査や不動産鑑定を実施する。
 新規の防災重点農業用ため池防災減災対策推進は1000万円。ため池決壊による水害から住民を守るため、施設の劣化状況を把握。長寿命化計画の策定や豪雨・地震に対する安全性を評価。今後の改修計画の基礎資料に役立てる。
 地域密着型特養ホーム整備補助は1億7455万1000円。第8期介護保険事業計画に基づき、29床ユニット型の整備法人に対し整備費を助成する。小中学校施設修繕改修は1136万8000円。早急に対処すべき箇所の修繕や改修に充てる。
 道の駅たかねざわ元気あっぷむら維持管理事業は2297万6000円。本館ファンコイル周り制御不具合機器工事、外部受水槽ろ過装置修繕工事のほか、緊急性の高い工事に対応する。工事費は1681万4000円。
 浄化槽設置整備事業は2860万円。環境配慮型合併浄化槽の設置者に対し費用の一部を助成。補助上限額は10人槽54万8000円、7人槽41万4000円、5人槽33万2000円、宅内配管工事30万円。対象は下水道と農集排の認可区域外世帯。
 土づくりセンター整備工事(平田)は3億8765万1000円。S造平屋建て延べ1256・68平方mの発酵棟を新設。牛糞、もみ殻、生ごみから年間705㌧の堆肥を生産。併せて保管庫を改修する。施工は共和化工関東支店(東京都)。9月に稼働予定。
 たから保育園整備事業は2億9321万7000円。新規のたから保育園学童クラブ整備事業(定員40人)は2242万8000円。たから地域子育て支援センター整備事業は831万3000円。空と大地保育園整備事業は1億419万8000円。
 産科誘致補助事業は1億円。産科医療施設を開設する事業者に対し、事業費総額の2分の1(上限1億円)を助成。学校給食センター改修工事は1700万6000円。児童福祉施設維持補修工事は250万円。保育園や児童館の危険箇所を補修する。
 下水道事業会計の資本的支出は9億3376万3000円(44・1%増)。水道事業会計の資本的支出は2億3781万3000円(50・1%増)。宝積寺駅西第1土地区画整理事業特別会計は6050万5000円(50・1%減)。
 下水道事業は宝積寺アクアセンター処理場増設事業に4億3514万円(施工監理委託1074万円、増設工事4億2400万円)。汚水管渠整備工事は1億4460万円。中台地区、天神坂地区、西町地区で管渠を布設する。
 水道事業は仁井田第2水源地井戸更新工事が1億516万円、配水管布設替え設計委託が1100万円。終盤を迎えた宝積寺駅西第1土地区画整理は換地処分等委託が2052万9000円、緊急修繕工事が155万円。

ページトップ