建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し甲斐市に新保育所 コバーズキッズ  
掲載 2021年3月2日山梨建設新聞  
本文

 甲斐市のひよこ保育園を運営するコバーズキッズ(篠原871-2、小林裕子代表取締役)は、新たに保育所を建設する。床面積は1000㎡規模。今後設計者を選定し、今秋の着工、来年3月までの完成を目指す。工事費の一部に国、市の補助金を充てる予定で、用地費を合わせた総事業費は3億円以上になる見通しだ。
 現在運営する、ひよこ保育園近隣に用地を取得する。竜王南小学校周辺の農地を予定しており、今後用途地域の変更や開発許可、農振除外などの手続きを進める。新築するのは、S造2階建てで、延べ床面積は約1000㎡を想定。入所数は90人を予定している。
 設計者は今後選定する。新施設について同社担当者は「IT技術を取り入れたスマート保育園のモデルになるものにしたい」と話す。同社では、園児の入退出を始めとする管理を紙で行っていたが、業務に時間が掛かり、職員や保護者の負担も少なくないためIT化を推進。入退室管理にタブレット端末を導入し、保護者との連絡も基本的にパソコンやスマートフォンを活用するようにした。園児の体の動きや心拍数を把握できるセンサーも活用し、体調を管理。園児のようすを画像や動画で保護者に送信し、保育の透明性や保護者の安心にもつながっているという。
 新施設についても、こうしたシステムを導入する予定で、設計者にはそれを踏まえた設計を求める。施設のデザインについても「思い描いているイメージがある」と、施設担当者。設計を知人に依頼することも検討しており、市の意向も聞きながら設計者を決める。
 設計・工事に国、市からの補助金を活用する予定。国が事業費の2分の1、市が4分の1、事業者が4分の1を負担する。市は新年度当初予算案に、同事業の補助金として1億8114万円を計上した。

【写真=ひよこ保育園。近隣に新施設を建設予定】

ページトップ