建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者群馬県富岡市
見出し富岡市は中高瀬観音山遺跡整備に向け基本設計を4月に委託  
掲載 2021年3月27日群馬建設新聞  
本文

富岡市は、中高瀬観音山遺跡整備の基本設計を4月に委託する。入札方式は検討中。2021年度当初予算で委託料5474万7000円を確保した。
整備は中高瀬、下高瀬、岡本地内の上信越自動車道の南北に広がる約21・6haのエリアで計画している。
北側の敷地に整備するガイダンス施設は約635㎡の規模。内部には◇展示室(約200㎡)=150㎡の常設展示スペースや50㎡の企画展示スペース◇多目的室(約100㎡)=講座やワークショップ、市民活動の利用を想定◇情報発信スペース(約20㎡)=周辺地域の情報提供を行うスペース◇事務所(約35㎡)=常駐スタッフが待機し、受付などを行う。対向型レイアウトで人数分の机と椅子を導入◇収蔵室(約75㎡)=空調管理が必要な出土品や展示品を収蔵◇倉庫・備品室(約55㎡)=備品や事務用品を保管◇トイレ(約40㎡)=女性用4基、男性用大便器2基、男性用小便器3基、多目的用1基◇機械室(約50㎡)◇廊下など(約60㎡)-を設ける。
ガイダンス施設を整備するエリアには調整池の新設も検討する。
駐車場は北側、東側、南側に配置する。面積は5900㎡。一般車両180台、大型バス3台、身障者用4台、管理者用5台分のスペースを確保する。
あずまやは上信越自動車道の南側に位置するいこいのエリアと自然体験エリア周辺に1棟ずつ設置する。いこいのエリアには校外学習やワークショップなどの利用を想定した規模で設置を計画。自然体験エリアについては休憩用を想定した小規模なあずまやを設置する。
遺跡の復元は竪穴住居、狼煙、木柵、環濠、方形周溝墓などを対象に計画する。
なお、基本計画はオリエンタルコンサルタンツ(東京都渋谷区)が手掛けた。

ページトップ