建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県草加市
見出し草加市が橋梁4カ所で修繕着手  
掲載 2021年3月30日埼玉建設新聞  
本文

 草加市が2021年度に予定する橋梁整備事業の概要が分かった。当初予算で確保した工事費1億5840万円を投じ、手代橋など4橋の修繕に着手する。それぞれ一般競争入札による発注を見込んでいる。
 定期点検で健全度Ⅲに判定された手代橋(綾瀬川)では主桁、床版、支承、高欄、防護柵、地覆などが対象。橋梁規模は全長35mで59年供用している。
 谷古宇新橋(伝右川)は主桁、支承、高欄、防護柵、地覆、伸縮装置などを修繕。橋長11・5m、供用年数49年となっている。
 峯分橋(伝右川)は橋長13・4m、供用年数32年。主桁、下部工、地覆、伸縮装置、舗装などが対象となる。
 アコス2階部分に架かる横断歩道橋は、外壁パネルの貼り付けなどを予定している。橋の規模が全長20・2mで、供用28年となる。なお、4階部分の歩道橋について市は管轄していない。

ページトップ