建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省関東地方整備局(建設)
見出し21年度事業費は1.7兆円/北千葉市川・松戸など/一宮川激特事業も/関東整備局  
掲載 2021年3月31日日刊建設タイムズ  
本文

 2021年度関東地方整備局関係予算の概要が明らかになった。関東整備局に配分された事業費は、国土交通省の事業費7兆6793億円(一般公共事業費7兆6501億円、官庁営繕費292億円)のうち、1兆7120億円(直轄4479億円、補助4593億円、交付金8048億円)。ほかに、施工時期の平準化のための国庫債務負担行為(ゼロ国債)として194億円が配分されている。千葉県においては、補助事業の一宮川水系一宮川河川激甚災害対策事業特別緊急事業、首都圏中央連絡自動車道、新規事業の国道464号北千葉道路市川・松戸などに取り組む。
 区分別の配分事業費は、治水1042億1000万円、海岸26億3400万円、道路4429億5800万円、港湾703億3500万円、空港286億3500万円、住宅対策483億7600万円、市街地整備1670億900万円、都市水環境整備102億2400万円、下水道167億900万円、国営公園等59億1700万円、社会資本総合整備8048億1600万円、推進費等2億2800万円、官庁営繕99億2800万円となっている。
 一宮川河川激甚災害対策事業特別緊急事業には、10・6億円を充当。19年10月の台風21号に伴う豪雨により甚大な浸水被害が発生したことから、河道断面を拡大し、早期に地域の安全性の向上を図る。21年度は一宮川の護岸工や橋梁架け替えに伴う下部工などを行う。
 首都圏中央連絡自動車道には404・9億円を投じる。未開通区間の整備によるネットワーク効果の早期発現に向け、調査設計、用地買収、改良工事、橋梁上下部工事、トンネル工事を推進する。なお、関東整備局関係予算とは別に、財政投融資を活用して大栄JCT~松尾横芝ICの整備加速などを図る。
 国道464号北千葉道路市川・松戸は、市川市堀之内から同市大町までの延長3・5kmの区間で、首都圏と成田国際空港を結ぶ最短のルートを形成する重要な道路の一部。21年度は調査設計を実施する。
 また、千葉県関係の新規補助事業の事業費・実施主体などは▽利根川水系長門川・大規模特定河川事業(印西市、栄町)=3・5億円、県▽利根川水系旧江戸川・事業間連携河川事業(市川市、浦安市)=6億円、県▽利根川水系真間川・大規模更新河川事業(市川市)=0・86億円、県▽主要地方道成田小見川鹿島港線取香~多良貝・空港港湾等アクセス補助制度(成田市)=2・58億円、県▽千葉県トンネル長寿命化修繕計画・道路メンテナンス事業補助(国道128号鳥止トンネルほか)=5・4億円、県▽千葉市道路付属物等長寿命化修繕計画・道路メンテナンス事業補助(市道松波新港線幸町歩道橋ほか)=2・04億円、県・千葉市▽船橋市無電柱化推進計画事業・無電柱化推進計画事業補助(市道00―076号線ほか3路線)=0・53億円、県・船橋市▽千葉市無電柱化推進計画事業・無電柱化推進計画事業補助(市道中瀬幕張町線若葉地区ほか)=1・06億円、県・千葉市▽鬼越第6号踏切道・踏切道改良計画事業補助制度(市川市)=1億円、県▽野田線第179号踏切道・踏切道改良計画事業補助制度(野田市)=6億円、県▽実籾第4号踏切道・踏切道改良計画事業補助制度(習志野市)=2・66億円、県▽第二菊間道踏切道・踏切道改良計画事業補助制度(市原市)=0・3億円、県▽九十九里街道踏切道・踏切道改良計画事業補助制度(匝瑳市)=1・13億円、県▽諏訪前踏切道・踏切道改良計画事業補助制度(香取市)=0・5億円、県。
 そのほか、県内における主な直轄事業は次の通り。
 〔▽事業名=①事業費②主な事業内容③備考〕
【河川関係】
 ▽利根川下流河川改修事業=①約32億円②銚子市松岸地区・富川地区における築堤・樋管整備、銚子市銚子地区における河道掘削
 ▽江戸川河川改修事業=①約47・5億円②野田市今上地区・流山市新宿新田地区などにおける築堤
【道路関係】
 ▽国道16号千葉16号交通安全対策(千種海岸付近交差点改良)=①1・29億円②調査設計、工事
 ▽国道16号貝渕地区電線共同溝=①0・8億円②引き込み連系管路工事
 ▽国道51号北千葉拡幅=①8億円②千葉市0・7km区間の環境整備、四街道市~佐倉市3・1km区間の調査設計・用地買収・改良工事
 ▽127号防災=①3・5億円②館富トンネルを含む川名・富浦地区約1km区間の4車線化に向けた調査設計・改良工事、南無谷・小浜地区などの調査設計・用地買収
 ▽国道357号東京湾岸道路(千葉県区間)=①35・3億円②調査設計、橋梁下部工事、改良工事
【港湾関係】
 ▽千葉港葛南中央地区国際物流ターミナル整備事業=①0・1億円②泊地(水深12m)の防泥柵の補修③21年度完了予定
 ▽千葉港千葉中央地区複合一貫輸送ターミナル整備事業=①6・1億円②岸壁(水深9m)の本体工・防波堤の詳細設計など

ページトップ